HOME > 酸化ストレス度・抗酸化力測定

酸化ストレス度・抗酸化力測定

酸化ストレス度、抗酸化力検査(FRAS4)

酸化ストレス度・抗酸化力測定

少量の血液であなたの酸化ストレス度と抗酸化力を測定します。

活性酸素・フリーラジカル分析システムです。生体の酸化ストレス度d-ROMs(活性酸素・フリーラジカルによる酸化的傷害)と抗酸化力BAP(活性酸素・フリーラジカル除去能力)を測定します。

d-ROMsテストとBAPを同時に測定することによって、体の酸化ストレス度(老化度)と抗酸化力(抗老化度)を知ることができます。低い酸化ストレス度と高い抗酸化力が備わっていることが、アンチエイジングライフをおくるには重要です。

酸化ストレス度、抗酸化力検査(FRAS4)

私たちの体は紫外線、喫煙、不規則な生活習慣、アルコール多飲などにより、活性酸素が過剰に発生し、酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化状態に傾く状態となります。これが酸化ストレスで、がんや動脈硬化などの様々な病気の原因として考えられています。また早期老化や肌荒れ、シミなどの原因ともなります。d-ROMsテストを行うことにより、生体内の酸化ストレス度の状態を簡易的に評価することができます。

抗酸化力検査(BAP)

私たちの血液中には、活性酸素・フリーラジカルから体を守るために抗酸化物質が多く存在します。血液中にはもともと体が持っている抗酸化物質としてアルブミンやビリルビン、還元型グルタチオンなどがあります。また食事などにより外から入ってくる抗酸化物質としてビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、βカロテン、ポリフェノールなどがあります。

BAPを測定することによって、私たちの体がどれだけ抗酸化力があるかを評価することできます。

酸化ストレス度・抗酸化力(d-ROMsテスト・BAP)測定  7,350円

「アンチエイジング」に戻る

このページのTOPへ