HOME > 自由診療メニュー > 子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチン

小学校6年生~高校1年生相当の女子は定期予防接種のため無料です。
区市町村からの予防接種表を持参してください。

あなたのからだを子宮頸がんの発症から長期にわたって守ってくれる、子宮頸がん予防ワクチンが、
医療機関で接種できます。

子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチン(ガーダシル)は、発がん性HPVウイルスのHPV16型、18型、6型、11型の感染を防ぐワクチンです。

感染を防ぐために3回のワクチン接種で発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。
しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。

子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチンは、肩に近い腕の筋肉に注射します。1~2回の接種では十分な抗体ができないため、 半年の間に3回の接種が必要です。しかし、接種期間の途中で妊娠した際には、その後の接種は見合わせることとされています。

接種希望の方は事前にお電話でご予約をお願いします。
※小学校6年生~高校1年生相当の女子は定期予防接種のため無料です。
1回接種料金 22,000円(税別)
3回接種セット料金 (初回、1~2ヶ月後、6ヶ月後) 55,000円(税別)

接種希望の方は事前にお電話(03-6234-0511)でご予約をお願いします。

このページのTOPへ